PTEスピーキング Repeat Sentenceの対策と勉強法

英語試験:PTE

こんにちは、Makoです。

PTE最大の難関Repeat Sentence。このタスクが得意な方は、もうSpeakingを制したと言っても過言ではないでしょう。配点も高く(Speaking:32,1 Listening:19,1)、難易度も高いのではないでしょうか。

この項目は、練習すること!とよく言われますが、闇雲に練習するだけでは、伸びないと思います。あと練習してもなかなか効果が得難いタスクだと思います。

採点方法は?

Repeat Sentenceは、コンピューターが話したことを復唱することです。単純ですが、難しいです。文章が短ければ、復唱もしやすいですが、長くなればなるほど難易度が高くなりますね。採点ですが、ただ単にコンピューターが内容と同じ内容を話せばいいわけではありません。ここでも評価されるのは、Contents, Fluency, Pronunciationです。

そのため、コンピューターが話した内容通り話そうとして、単語につまったりするとFluencyに影響します。つまった単語もおそらくContentsでは間違った単語として認識されます。

以下はPTE plusの練習での採点表示です。

ここでもRead aloud同様Contentsの配点は、Pronunciation とFluencyより低いです。そのため、コンピューターが話した内容にばかり気をとられるのではなく、どれだけつまらずスムーズに読めるかが鍵になると思います。

対策

1、アクセントや発音などなるべくコンピューターと同じように話す。スピードは少し早めでも良い。Read aloudと同じく、大きめの声(低い)、少し早く、明確にを意識すると、PronunciationとFluencyの得点に影響します。

2、聞き取れなかった単語は、somethingなどに置き換えて、PronunciationとFluencyのスコアを落とさないように意識する。(=つまらない、リピートしない)正しく発音しようとして、つまったりするぐらいなら、Somethingに置き換えてつまらない、リピートしないことが大切です。

3、覚えようとせず、文章を理解する。Repeat Sentence は一見、記憶力のテストと思いがちですが、理解できているかを確認しています。

4、文章を聞き理解したら、頭の中で復唱してから、マイクにRepeatする。コンピューターが話した後すぐにマイクがオープンします。そのため、復唱の際に小声で話してしまうとマイクが感知してしまうので、頭で復唱してからRepeatしてください。復唱せずに話すほうが合っている方は、そのまま話してください。私の場合、復唱することでつまるのを最小限にできました。それでもつまってましたが、、、

記憶力のテストではない?

こちらのビデオをご参考ください。

確かに日本語(母国語)であれば、Repeat sentenceに出てくる文章の長さなら、無理なくリピートできそうですよね。

勉強法

上記の対策を意識して、問題を解いてみてください。

練習教材

① PTE Plus : 何度もおすすめしていますが、コンピューターによる採点をしてくれます。ContentsだけでなくFluency, Pronunciationも意識して、Repeatしてみてください。

② YoutubeのCarreerCoves:週単位・月単位で問題を更新しています。実際のテストと同じ問題もよく出ます。せっかく練習するのであれば、実際のテストで出題される可能性の高い問題を解いておくと、実際に出題された際にRepeatしやすいと思います。

まとめ

得点も難易度も高いタスクです。対策を意識して、練習することで、得点アップにつながると思います。配点は高いですが、練習の成果が出難いタスクでもあると思うので、ほどほどに練習してください☺︎

コメント